コミュニティCommunity

コミュニティ

コミュニティ

「起業」にはないけど、「スタートアップ」にあるもの。

その1つが「コミュニティ」や「協会」という考え方です。

社会の大きな流れとして、コミュニティや協会という形で活動する人が増えてきていることに、あなたも気づいているのではありませんか。

そうした人はこれからもますます増えます。
なぜなら、コミュニティや協会は、「絆(きずな)」や「繋がり(つながり)」を求める現代人の心理にフィットしているからです。

協会総研からのメッセージ
コミュニティや協会は、みんなで盛り上げるもの。会社と大きく違います。会社をつくるような感覚でつくると、メンバーが定着しません。コミュニティや協会は、個人事業とも大きく違います。個人事業の感覚でつくると、盛り上がりません。
この科目で、会社でもない、個人事業でもない、コミュニティや協会ならではのつくり方をぜひ、理解していただきたいです。

学習のポイント

これからの社会は、コミュニティに価値があります。会社としてスタートアップする人もいます。協会としてスタートアップする人もいます。個人のサロンとしてスタートアップする人もいます。どうやってスタートアップするにしても、コミュニティをどのように築き、成長させていくかが大事になってきます。

コミュニティは仲間の集まりです。同じ価値観の人たち、同じものが好きな人たちの集まりです。そこには争いがなく、みんなで助け合いながら育んでいき、みんなで成長していきます。したがって、コミュニティに集う仲間は、そのコミュニティを自分の居場所と思い、自分らしく居られる場所と考えます。

コミュニティをもつと、社会に貢献できているという喜びを感じます。これからのスタートアップには、「社会起業家」という側面をもつことが求められます。私たちは、世の中の幸せを考える活動を興すことを「スタートアップ」と呼んでいます。したがって、世の中を良くすることを考えるには、コミュニティをつくることは大事なポイントであるという意識を忘れないでください。

メニュー
  • コミュニティのコンセプト
  • 理念が大事になる
  • ミッションをもつ
  • コミュニティのつくり方
  • コミュニティの運営方法
  • 協会らしく振る舞う
  • 羊理論(オオカミとヒツジ)
  • 役割を与える
  • 居場所のつくり方
  • 活動をすることの意味
回数と時間
回 数 時 間
1回 3時間
開講コース
スタンドアップ・コース スタートアップ・コース ビジネス・コース
スタンドアップ・コース
 
スタートアップ・コース
ビジネス・コース

この科目は、協会総研からコンテンツの提供を受けています。

 

 

カテゴリー